スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きい買い物

自転車で走れるようになると速いし結構楽なので、買い物とか自転車でするようになっていた。
リュックサックを背負い、ある時はトイレットペーパー12ロールとティッシュ5箱を無理やりに詰め込んで帰ってきたこともある(^_^;)

一番大きな物は、泉大津にある自転車屋に夫用の自転車のホイール(タイヤがつく前の車輪)を取りに行ったことがある。
泉大津までリュックを背負い片道1時間かけ自転車屋に着いた。
自転車屋にホイールをもらい、私が「自転車で持って帰ろうと思うんですけど…」と言うとおっちゃんは「自転車で??」とびっくりし、そして面白そうに笑って奥さんと共に紐でリュックに縛り付けてくれた。
後ろから見るとまるで甲羅を背負った亀の様になっていた(#^.^#)
「ありがとうございます(^O^)/」と言って亀の姿のまま店を出た。

IMG_0002_20120430132101.jpg

ホイールがヘルメットに当たるのでヘルメットを脱いでゆっくりと帰った思い出がある( ̄▽ ̄)
自転車屋にはきっと変わった人に思われてるやろうな~^^;と思う
スポンサーサイト

自転車の事故

とりあえず毎日の様に自転車を走らせて、ある程度のスピードは出せるようになって行った。

自転車が来てから2週間ぐらい経った翌年の1月9日に「少し遠出をしよう(^-^)」と泉南市から泉大津にある自転車屋まで自転車で走ることにした。(片道15キロぐらい)
途中にある浜寺公園でお昼のお弁当を食べて、無事に自転車屋に到着した。
自転車屋のおっちゃんは「おー来たんか(^ ^)」と愛想が良くなっていた気がする(^_^;)
何か買い物をして夕方家に変えることにした。

暗くなってきたので、とりあえずどんどんと車道で自転車を走らせた。
けっこうスピードが出せるので調子に乗り、前に走っていた車を追い抜こうとした瞬間、私の自転車に気づかず車が急に指示器を左に出して曲がって来た!(◎_◎;)はっっつ !

(巻き込まれる~!!)と思いっきり自転車のブレーキをかけると、車はそのまま自転車に当たりながら左に曲がり少し走って止まった。
私はその間こけないように踏ん張って止まっていたヒィーー
そして何も怪我をしてないのを確認して、逃げられてはいけないと思い車を追いかけた。

車が止まってから乗っていた老夫婦が出て来た。
(奥さん)「すみません!大丈夫ですか(; ̄O ̄)!!?」
(私)「あ~大丈夫です( ̄◇ ̄;)(むしろ自転車が心配…)」
(夫)「とりあえず警察に電話しましょう」
それから、確か夫が警察に電話をしていた。

そして、電話をして警察を待ってる間、老夫婦の間で「この道は狭いから違うところの方が良かったのに(*`へ´*) 」と小競り合いをしてるのが聞こえた(^_^;)

警察は10分もしない間にやって来た。
警察の人は街灯が殆どない暗闇で見えてなかったのか「おじょうちゃんが当たったんかな?」と聞いてきたので
(いやいや、30歳のオバハンやけど…( ̄▽ ̄))と思っていた。
「救急車にのりますか?」と聞かれたけど特に怪我はしてなさそうだったので「いいです」と答えた。
警察の人は4・5人やって来て念入りに現場を調べていた。

30分ぐらいして、老夫婦と連絡先を交換して警察は帰って行った。
自転車で帰れそうだったので帰ることにした。
翌日、レントゲンを撮ってもらい体に異常は無かったのでホッとした。
IMG_20120429154345.jpg

実は、24歳の時にも左折するトラックに巻き込まれたことがある。
その時はトラックの人に気付かれず逃げられてしまった( ̄◇ ̄;)
焦って自転車で追いかけようとしたが、泥よけがタイヤに食い込み全く走れなくなっていた

どちらとも奇跡的に怪我はなく良かったな~(=´∀`)とは思うけど
本当車には気をつけんとな~と思う。



初日のアンカー

昨日の続き…

12月末頃にブリジストンの〝anchor(アンカー)〟と言う自転車がやって来た(^-^)

白地に緑のラインが入っていた。
ずっと抵抗感があったけど自転車を見た瞬間に(おっ!?何かカッコいいな)と思い早速またいで乗ってみた。

サドルが高くて中々ペダルを踏みことが出来ずにいた( ̄◇ ̄;)(タイヤが異常に細いしなんか怖いんやけど…)
しばらくして、よろよろとこげる様になった。


その日はけっこうな寒波が来てたけど「正月用の魚を買いに行こう(^。^)」と昼間に5キロぐらい離れた〝青空市場〟と言う魚市場に早速行くことにした(^_^;)
夫の後ろにつき、ヘルメットを被り、よろよろと自転車を走らせた。


海側の道を走っていて橋の上の所で冷たい横風がビユーーと尋常じゃないぐらい吹きつけてきた(◎_◎;)うわっっっ!!
細い車体の自転車は物凄いあおりを受けてユラユラと揺れだし(倒れへんやろか)と思い、恐怖と戦っていた(~_~;)


50メートルはある角度のある下り坂で自転車に慣れている夫はシャーーっと走り降りて行った。
完全に置いていかれた!!

自転車にしがみつきながらのろのろとやっとの思いで下に着いた(-。-;ふうーー!


そして、やっとの事で青空市場に着いた。
着いた時には少し放心状態になっていた( ̄◇ ̄;)ふらふら

何を買ったのか忘れたけど魚を買ってまた家に帰る事にした。
来た道は最短のルートだったけど余りにも過酷だったので夫に別のルートに変えてもらい無事に家に帰ったf^_^;)

IMG_20120428130740.jpg

さらなる悲劇

自転車に乗った後、寒さの余り足の指が何本かしもやけになったらしく暖かい部屋やコタツに入ると死ぬほど痒くなった。そして、しばらくの期間しもやけに苦しむ事となった



ロードバイク

家に自分用のロードバイクがあるけど今はほとんど乗っていない。
結婚してすぐに買ったので、まだ2年ほどしか経ってないけどけっこう思い入れがある(^ ^)

前から夫がロードバイクに乗ってたのでずっと勧められてきたが、私は鈍臭いしそんなんは向いてなさそうなのでずっと断っていた。
しかし、どんないきさつか忘れたけど自転車を見に行くことになった。

自転車は泉大津にある「松谷サイクル」と言う店に夫と見に行った。
そんなに広くない店内には所狭しとロードバイクが置いてあった。

しばらく眺めていると店内の奥で自転車を整備してた厳つそうなおっちゃん(店長)がぶっきら棒に「自転車乗ったことあんの(`_´)ゞ?」と聞いてきた。
(なんか恐いな…(-。-;)
「ないです…」と言った。

夫は女の人でも乗れる自転車は無いかと聞いていた。
(なんか恐ろしそうなオヤジやし早く帰りたいな(ーー;))ソワソワ
夫は自転車カタログを見ながら店長と話していた。
話のやり取りを聞いてると(ん?流れ的に買う方向になってる(◎_◎;)もしかしてこの店で買うの??)
夫は私にカタログを見せて「こんなんどうかな?」と言った。
私は、まだ自転車に乗る気持ちが出来てないけど(ーー;)と思ったが、厳つい店長が鋭い目で見ていたので首を縦に振った(; ̄ェ ̄)

店長は早速「足の長さを測るから」と言って専用の測りにを持ってきた。
私は(足短いから嫌やな(ーー;))と思いながら測りにまたがった。
それから手の長さなど測った。

店長は「◯日ぐらいに届くから」と言った。
そして、妙に恐い店長の店で自転車を買うことになった(~_~;)

(店長は怒っていたのではなく、いつもそんな口調なのだとしばらくして気づいたけど(^_^;)


IMG_20120427115418.jpg





親切な薬剤師さん

昨日、鼻が詰まってきたので鼻うがいを買いに行った。

商品をレジの薬剤師さんに渡すと、薬剤師さんは、はなちゃんに気付いて話しかけてきた。
しかし、はなちゃんは怪訝そうに眉間にシワを寄せて見ていたので(⌒-⌒; )
薬剤師さんは「かんのむし強そうやね~(^◇^;)試供品のお薬入れとくわね~」と言って試供品の樋屋奇応丸(ひやきおうがん)を袋に入れてくれた。
さらに「ちゃんと寝てるかな?お母さんを困らせてないかな?」と言っていた。
それを聞いて(最近はちゃんと寝てくれるけどな~(^^;;)必要なさそう…)と思っていた。

その夜

はなちゃんは深夜1時頃に泣きだした(~_~;)
ミルクをあげて寝るかと思いきや、次は色んな音が出るおもちゃの所までハイハイをして音を出して遊び出した。

♪ガシャガシャガシャ♪
♪トコトコトットントン♪
♪いな~いいな~いばー♪


これではいかん!とはなちゃんを抱き寄せて寝さそうとした時に暴れて頬っぺたをガンッと叩かれた( T_T)フグッツ!!
諦めてはなちゃんを私の枕の上に離すと高さがあって登れないのかしばらくもがいて、疲れて止まりと言うのを繰り返しやっていた( ̄◇ ̄;)
しばらくゴソゴソと動き回っていた。

1時間ぐらいしてさすがに疲れてきたのか、はなちゃんの動きが鈍くなってきたので布団に入れ腕で固定して寝かしつけた(~_~;)

♪( ´▽`)ひやひやひやの、ひや~きおうがん♪( ´▽`)

昨日の夜、 はなちゃんに飲ませたろうかとずっと思っていた


IMG_0005_20120426085938.jpg


はなちゃん8ヶ月

今日ではなちゃんも8ヶ月になる。体重は8,3kgになりさらに重たくなってきた^^;

はいはいはスピードを増し、そして昨日ぐらいからお尻を高く上げた体勢ができるようになってきた

IMG_0001_20120425135257.jpg


離乳食は最初は興味がなかったのかよく残してたけど、最近は前のめりになってモリモリ食べる様になってきた。

IMG_0004_20120425135255.jpg


離乳食をあげた後、知らぬ間にうんちをしてたのでオムツを取り替えようとすると、はなちゃんはすごい力で体をねじり出しので(ウンチがー])負けじと体を押さえて格闘していた(⌒-⌒; )


IMG_0002_20120425135256.jpg

色々と変化してきたな~と思っている( ´ ▽ ` )

自分に言い聞かせる事

村上春樹の本で「ノルウェイの森」が好きで何回か読み直したけど、その中でなるほどな~と思った一文章がある

それは登場する女の人が主人公に向けて言ってる言葉で

「人生はビスケットの缶だと思えばいいのよ」
「ビスケットの缶にいろんなビスケットがつまってて、好きなものとあまり好きじゃないのがあるでしょ?それで先に好きなのどんどん食べちゃうと、あとあまり好きじゃないのばっかり残るわよね。
私、辛いことがあるといつもそう思うのよ。今これをやっとくとあとになって楽になるって。人生はビスケットの缶なんだって」

確かにそうかもなー(-。-と思ったりする。

あとビートたけしが「悪いことがあった時は逆に次に良い事が来ると思うようにしてる。」と言っていた。

なかなか私はそこまで思う事は出来ないけどそういう考え方だと気が楽になるだろうな~と思ったりする(^-^)


IMG_20120425080613.jpg

マーブルビーチに行く

昨日は夫が休みで、はなちゃんも回復したので家から車で5分ぐらいで着くマーブルビーチに行ってみた(*^^*)

ベビーカーを渾身の力で押しても砂浜の上はほとんど動かないので二人で持ち上げて適当な場所にテントとシートを敷いてはなちゃんを転がした。
パン屋で買ったパンを食べたり音楽を聴いたりした。
しばらくして、はなちゃんの足を海につけてみた。はなちゃんは初めての寄せてくる波を見て固まり、少し怯えてるようだった(^◇^;)

IMG_0011.jpg

しばらくボンヤリしていたが、6時ぐらいになったので帰ることにした。
帰りにソフトクリームを売店で買おうと思ってたのに閉まっていた(◎_◎;)4時30分で終わりか…食べるの楽しみにしてたのに!( ̄^ ̄)

帰りに夕日が綺麗だったので夫は写真を撮ろうとしたけど「SDカードが入ってないわ!(~_~;)」と言って結局、携帯で写真を撮っていた(^◇^;)
はなちゃんは疲れたのかベビーカーの中でスヤスヤ眠りについていた。


IMG_0008_20120424091259.jpg

台湾旅行 (完結)

昨日の続き◦ ◦◦
病院を後にして台湾を観光する事にした(^◇^;)
台湾はとにかく飲茶など食べ物が美味しかった。
肉料理には八角というスパイスがよく使われていたように思う。

北京ダックが食べれる店にみんなで入った( ´ ▽ ` )
暫くすると丸テーブルに一匹丸ごとの北京ダックが運ばれてきた。
店の人は頭が付いた北京ダックをおもむろにさばき出した(゚o゚スゲー
マグロの解体ショーの様に手際良く、手羽とか胸肉、もも肉などが綺麗に春巻きの皮に乗せれるような形に切り分けていた。皮だけではなく他の肉も全部切り分けてくれた。
そして店の人は北京ダックを切り終わると席から離れて行った。


ご馳走を前にテンションが上がった私はお皿に鶏の頭があったので、ふざけてその頭を持って齧ろうとした。
それを見た友達は冗談で「あんた!鳥インフルエンザになるで!」と言った。
その瞬間 (鳥インフルエンザ=死!!?(◎_◎;)!?)ヒィーー
物凄い表情をしていたみたいでそれを見たみんなは「夢に鳥が出るんちゃうか( ̄▽ ̄)」と言って笑っていた。
私は鳥の頭を恐る恐る皿に戻した。
しかし丸い皮に鳥肉と乗せて食べると口いっぱいに幸せが訪れた.。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:おいしー!!

北京ダックや他にも色々美味しい料理が食べきれないほど出てきたけど確か一人当たり2000円いかんかったような気がする(*^^*)

台湾のマッサージにも行ってみた。
あんまり覚えてないけど、ベットに寝っころがり店の人に肩とか足とかを痛気持ちよい感じにマッサージしてもらった。(背中とか踏まれてたような…)
終わってからみんなロビーに集まって感想を喋っていた。

すると最後に来た友達が「なんかめっちゃ胸ぎゅーって揉まれてんけど」と言った。
「えっ!!??(◎_◎;)(何ですと??)」喋ってた私達は誰一人そんな事はされてなかったので耳を疑った(-。-;
「担当は女の人やった?」と誰かが聞くと
「うん…( ̄◇ ̄;)」と答えていた。
そしてみんな暫く謎に包まれていた。
結局理由は何か分からなかった^^;ただのセクハラかな?…

他には夜店に行ってお土産を見たり(台湾の人達は夜型らしくデパートも深夜空いてたりする)
服の問屋に行って服を買ったり楽しい旅が出来た(^-^)/

そしてまたいつか台湾に行ってみたいな~と思っている(*^^*)


IMG_0009_20120424091301.jpg








台湾旅行 (白いモヤモヤ編)

今の時期に台湾に旅行に行った事があるのを思い出した(^。^)

パン屋に勤めてた時に、妹と友達3人で台湾に行った。
その旅行の間、パン屋の人手が足りないのでちょっと悪いな~(-。-;と罪悪感をもちながら旅行に向かった。

関空から3時間ぐらいで台湾に着いた。飛行機から降りてすぐ何故か目がチカチカした。
台湾の空港のトイレに入ると拭いたティッシュは流さず全部ゴミ箱に捨てるようだった(ーー;)捨てるのに少し抵抗が…

そして移動するのに地下鉄に乗った。
日本の電車と見た目は変わらなかったけど運賃がものすごく安かった気がする。
目が痒くなり手で擦ってると、白いモヤモヤが出てきたので、終いには友達に「あんた目を擦ったらあかんで( `ω´) 」と怒られた。
そして白いモヤモヤはその後何回も出てきた(−_−;)何故かモヤモヤが出てくるんですが…

妹と同じホテルの部屋で寝ていると真夜中に目が覚めた。
目を開けようとすると片方のまぶたが開かなかった(-。-あれっ!??

急いでバスルームの鏡を見にいくと片方だけお岩さんの様になっている自分が映っていたフオーーー!!?
上まぶたと下まぶたの間に粘着質な物が糊の様にひっついていた。

(あっ!!犯人はあの白いモヤモヤや!)と思いついた。
まぶたにビッシリと着いたモヤモヤは時間が経ってカチカチになっていた。
洗面台からお湯を出してカチカチになったのを柔らかくして取り除いた。
開いた目を見てみるとまぶたは腫れ上がり、白目が真っ赤になっていた。
(お岩みたいな目、元に戻らんのかな一生この顔なんやろか…(T ^ T))と呆然と鏡を見て涙が出てきた。
そして、パン屋が忙しい時に旅行に来たからバチが当たったんかなと本気で考えていた(~_~;)

そして、寝てる妹を起こして目の異常を訴えた。

(私)「目がおかしくなってるんやけど、どうしよう(T_T)
(妹)「どうしたん!?(◎_◎;)その目!?」
(私)「あのモヤモヤがひっついて目があかんかってんけど、これ一生治らんのかな( T_T)」
(妹)「大丈夫治るって!とりあえず明日朝になってから病院に行こう^^;」

その言葉に安心してまた眠りについた。

翌日、予定を変更してみんな電話をしてくれて台湾の病院にタクシーで向かった。
運良く、日本語の話せる職員の人がいたのでその人について行き診察してもらった。
診察の結果、結膜炎との事だった(^◇^;)
普通の治る病気と知り、ほっとしていた。
だけど、初めての結膜炎が台湾の旅行中に起こるなんてついてないな~と思っていた(−_−;)しかも初日やし
薬を貰い病院を後にした。

あの時は、みんな病院について来て貰ってありがとうご迷惑をおかけしたね~


そして旅行は続く…

IMG_20120421165441.jpg

まりちゃんの結婚式

妹が結婚したのは2009年の2月14日だった。確か29歳の時やったかな…

奈良で一緒に住むのに八尾の家を前年の11月1日に出て行った。
産まれてから29年間ずっと一緒に過ごしたので妹が家にいなくなると心にポッカリと穴があいたようだった。

今日、妹の結婚式の映像が写ってるDVDを見返すとその時の事を思い出し勝手に涙が出てきて暫く止まらなかった。
(めでたい事やのにな~(・_・;)

結婚式は大阪の難波にある〝スイスホテル〟で行われた(^-^)/
けっこうな人数が集まり盛大に式は執り行われていた。

チャペルの所で座ってると音楽が鳴り、お父さんと一緒にウエディングドレスを着た妹が出てきた。
(おー綺麗やな。.:*・'(*゚▽゚*)'・*)
旦那さんもタキシードをビシッと着込んでいた(^o^)

披露宴会場に移り、美味しそうな料理がいっぱい出てきたのでモリモリ食べた。
色んな人達がスピーチをしていた。
私もスピーチを頼まれていたので緊張しながら待っていた-_-b
私の番になり一番前のマイクまで歩いて行った。

スピーチの内容




まりちゃんへ
昭和54年6月18日、双子と知らされず私が出産された後、「もう一人いてるわ」と言われ、その3分後に出てきたのがまりちゃんでした。
顔がなすびの様に曲がった私に比べ、まりちゃんは丸々と生まれ双子と思ってなかったので、一人分の名前を考えていた母は、顔の丸かった方のまりちゃんに〝真理子〟と名付けました。

母に聞かされた話で私達が産まれる前に卵を1パック買ってその卵がすべて双子だったという話に驚かされました。

子供の頃はご飯が嫌いな私とは対象にまりちゃんはよく食べていたそうで、二人並ぶと私の方が小さいので母は均等にしようとして私に多い方のごはんを食べさせようとしていましたが、まりちゃんは多い方のごはんを選んで食べていたようです。
母によるとまりちゃんの日記には毎日毎日何を食べていたかが詳細に書かれていたという話です。

子供の頃のまりちゃんは恥ずかしがり屋で大人しい自分からはあんまり話さない子でしたが
社会人になり会社に行き出してからは、職場で友達をいっぱい作り、物怖じせず年上、年下関係なく誰とでも気さくに会話してるまりちゃんを見た時に、変わったな~こんなにも良いように変わるんやなと思いました。

長いので中略(⌒-⌒; )

29年間あまりにも近い存在として暮らしてきて離れて行くのは、少しさびしい気もしますが、これからの人生楽しく二人で力を合せて頑張って行って下さい。
本当に結婚おめでとう!

私の永遠のかたわれのまりちゃんへ



そして、スピーチを読み終わりほっとして席に帰ったのを覚えている。
結婚式は良いものやな~と思い感慨にふけっていた( ´ ▽ ` )

IMG_20120420124130.jpg








はなちゃんの風邪

昨日の続き◦◦◦

病院から帰り、お昼の時間に,はなちゃんに離乳食と共にシロップ入りのヨーグルトをあげると甘くて美味しいのかモリモリ食べ出した。(普通のヨーグルト食べんくなりそうやな( ̄◇ ̄;))
さらに母乳とミルクをあげると、お腹がいっぱいになったのかはなちゃんは目をこすり出した。

いつも昼寝の時はゆったりとした眠りの音楽をかけ、扉を締め切り真っ暗にしてはなちゃんだけ隔離してる( ´θ`)
寝出してから4時間過ぎ…(いつもは2時間ぐらいで起きてくる)あまりにも静かなので息をしてるか不安になり覗きに行く。(スースー寝てるわ( ̄▽ ̄))
薬のせいか、その日はなちゃんは5時間一気に眠り続けた(^◇^;)寝過ぎやな…

夜中は鼻が詰まってるのか苦しそうに寝ていた。
昨日お昼によく寝たからか、はなちゃんは今朝5時頃から目を覚まし、1人布団を抜け出しておもちゃで遊んでいた。
私は眠いので気がついた時に確認しながら40分ぐらい布団の中で寝ていた。

はなちゃんは、咳と鼻水はまだ出るものの元気にハイハイしてるので大した事はなさそうだ(^-^)
今日もシロップ入りのヨーグルトを美味しそうに食べて寝ている。

よく寝て、よく食べて早く全快したらいいなと思っている(^o^)

IMG_20120419105727.jpg


堀越内科

昨日から、はなちゃんは風邪をひいたらしく、咳と鼻水が出てたので今日の朝に病院に連れて行った。

はなちゃんを産んだ市民病院は少し離れてて待ち時間が長くかかるので、インターネットで近くの小児科を調べた。
「堀越内科」と言う病院が出てきたのでそこに行くことにした。

車にはなちゃんを乗せ5分ぐらいで着いた。
その病院の前を何十回か通った事があったので(あ~ここの病院か(^_^)近くていいわ)と思った。
駐車場は5台ほど置けるようになってたけど1台だけ止まっていた。
ちょっと古い感じやな~と思い中に入ると、おばあちゃんが1人座っていた。
受付に行って問診を書いて渡すと5分もしないうちに診察に呼ばれた^^;ものすごい早いな~

はなちゃんを抱っこして診察室に入って行くと年配のお医者さんがいた。
喉を見るのに金属の匙を入れられたはなちゃんは嫌だったのか泣いていた(⌒-⌒; )
胸と背中の心音を聴診器で聞いてもらった。
お医者さんが「喉が少し赤いですね。風邪ウイルスにかかったのでシロップをだしときますね」と言われ診察は終了した。

受付の所にある待合室に戻るとまた違うおばあちゃんが座っていた。
そうこうする内に、もう一人おばあちゃんが入ってきた、先に入ってたおばあちゃんと知り合いらしく話し出した。
(ここの病院はお年寄りばかり来るんやろうな~f^_^;))と思っていた。

泉州の人達は何故かすごくフレンドリーなので、はなちゃんに気づくとおばあちゃんは話しかけて来た。
話してる途中で、すぐに薬ができたようで名前を呼ばれた。
薬を取りに行く時に、おばあちゃんが「抱っこしといたろうか(^O^)?」と聞いたので一瞬どうしようかと迷ったけど頼むことにした。
はなちゃんをおばあちゃんの膝に乗せて私は受付に向かった。
渡したものの薬を貰ってる間、気になってちらちら見ていた。はなちゃんはジッとおばあちゃんを見て座っていた。
薬を受け取り「ありがとうございます(^。^)」と言ってはなちゃんを抱っこすると、そのおばあちゃんは「重たかったわ~(*^◯^*)渡したらスーッとしたわ」と言っていた。

病院を出て駐車場で荷物を積んでる間も続々と比較的元気そうなお年寄りが病院に入っていった(^_^;)
きっとこの病院はお年寄りの支持が絶大で若い人はあんまり来ないんやろうな~と思い、しかし待ち時間がほぼゼロなので何かあればまたこの病院にしようかなと思っていた( ´ ▽ ` )
IMG_20120418123811.jpg



スマートボールの魔力

確か6年間働いた会社を辞めた直後の24歳の時、日曜日に大阪の新世界にあるスマートボール屋さんに友達に連れて行ってもらったことがある。

店の中に入ると少し昭和な感じで台がたくさん置いてあった。
手前にある、取ってを引っ張ってボールをポーンと弾いてパチンコの様に当たりの穴に入れていく簡単なゲームだった。
友達のやってるところを見てから、私も台を選び遊び始めた。
くじ運とかあんまり無くて今まで良いのが当たったことが無かったけど、たまたま当たりの台なのかけっこうボールが増えてきた。
そして、最終的にアーモンドチョコレートの景品と交換してもらえた(*゚▽゚*)
珍しく景品を貰えたので終わってからも興奮覚めやらず喜んでいた。

翌日の月曜日。
あの感動をもう一度と思い、八尾の家から自転車を走らせ片道1時間以上ある新世界のスマートボール屋さんに向かった。
なかなか店が見つからず(あれ?ここら辺やったはずやのに…( ̄◇ ̄;))
自転車で近くをぐるぐる周っていた。
何回か周って看板を見つけた。
そして心踊らせて近づいて行くとシャッターが閉まっていたΣ(・□・;)月曜日定休日や!
がっくりと肩を落とし、また1時間以上かけて家まで帰った。

後で友達に店が閉まってた事を伝えると「あんた、また行ってたん(゚o゚;;しかも自転車で!?」とビックリしてその後笑っていた。

今思うと、性格的に何かにはまりやすいので、その時店が閉まってて良かったんかなと思ったりする^^;
IMG_0004_20120418085650.jpg






ヨークシャテリアの親子

10年以上前にあっちゃん家の実家に友達何人かで泊まらしてもらった事がある。

家にあがると飼ってるヨークシャテリアが出てきたo(^▽^)o
お母さん犬のティナとその子供はプリンと言う名前の犬で、ティナの方は子供を出産してから(確か三匹やったかな…)太ったらしくプリンの二倍近く大きくなっていた(^◇^)
プリンはその当時は人見知りであまり近寄ってこなかったけど、ティナは愛想の良い犬で私の口の周りをペロペロとずっと舐めていた。
みんな雑魚寝になって寝ているとティナは私の顔をまた舐めてきたので、あっちゃんに「ティナ舐めたらあかんで( ̄^ ̄)」と言われていた。
しばらく舐めていたがティナがどこかに行ったので眠りについた。

そして、しばらくしてから異臭で目が覚めた。(何か臭い…(-。-;)
私は上半身を起こして匂いの素を探した。
(どこやどこや…(−_−;))
そして寝ていた枕のすぐ上の方を見てみると、ウンコがこんもりとしてあった(◎_◎;)クサっ
近くにいたプリンを見ると気まずそうな顔をしたので犯人はプリンの様だった(⌒-⌒; )
みんな起きてきて私が「プリンがこんな所にウンチしてたわ( ̄▽ ̄)」と言うと笑いが起こっていた。

プリンは今では人懐っこくなり家に行くと尻尾を振って出迎えてくれる。
そしてティナはもう天国にいったけどその丸々とした可愛い姿は今でも記憶に残っている( ´ ▽ ` )

IMG_0001_20120416145219.jpg

久宝寺でお花見

今日は八尾にある久宝寺緑地でお花見をしたo(^▽^)o

お父さんが10時ぐらいからバーベキューの用意をして兄妹や親戚一同、総勢13人集まった。
昨日に雨が降ってたけど今日はまだ桜は綺麗に咲いていた。
今日は駐車場に停めれないぐらいたくさんの人達が花見をしていた。

みんな12時頃に集まり宴会は始まった。
焼肉と焼き鳥、ウインナーなど網で焼いてもりもり食べた。

お父さんは最近足が弱ってきたらしく「もう70歳近くなってきたからな~」と言っていた。
暫くするとお父さんが酔っ払ってシートの上に上がろうとして、思いっきりこけていた(⌒-⌒; )
みんな「大丈夫!?( ̄◇ ̄;)」と心配して助け起こそうとしたけど酔っ払って立ち上がれなさそうだったので、そのままお父さんは、ほふく前進で移動してシートの上で寝ていた。
30分ぐらいしてからお父さんは起き上がり、焼肉を食べにバーベキューコンロの横に折りたたみの椅子に座っていた。「わっ!」と声がしたので見てみるとお父さんが椅子からまた派手にこけていた^^;衝撃で段ボールが潰れていた。
「大丈夫~!?(-。-;」と兄ちゃんのお嫁さんが寄ってきてみんなで両肩を持って起こされていた^^;
しかしお父さんは楽しそうに笑っていた。

甥っ子たちは兄ちゃんとキャッチボールをしたり夫と相撲をして遊んでいた(^o^)
みんな楽しく団欒して夕方になったのでお開きになった。
お父さんはいつも行事になるとしんどさを忘れ1人で動き回るので今日は一日疲れたやろな~と思った。
だけどお陰様で今日は楽しいお花見になった(^o^)
IMG_20120416094133.jpg


エビ天国

昨日の続き…

完成した水槽に暫くしてから八尾の〝エキゾチックアフリカ〟と言う熱帯魚専門店に行ってネオンテトラとコリドラスを入れた。
お父さんは水槽を眺め「おれもネオンテトラが好きやわ(*^◯^*)綺麗もんな~」と言っていた。

暫くしてから夫からミナミヌマエビと言う1•5cm程の小さいエビを何匹か貰い水槽に入れた。
何ヶ月かして水槽を見てみると何ミリかの小さいエビを発見した(゚o゚エビの赤ちゃんが…
コリドラス用の丸いタブレットの餌を入れるとミナミヌマエビはいっぱい繁殖してきた。
タブレットを入れる度にエビたちが山の様に重なり合って餌を争奪していた。
本来コリドラス用のタブレットだったけどコリドラスは大人しく餌に近づけないようで可哀想だったので多くのタブレットを入れるとさらにエビたちは繁殖してきて、とうとう150匹近く増えた。
水槽の中はゾロゾロとエビまみれになっていた(^◇^;)まるでエビのブリーダーのよう…

結婚してからマンションに水槽を運び上に私の水槽、下に夫の水槽を置いた。
友達を家に呼んで、水槽を見ていた時にタブレットを入れるとあまりにいっぱいのエビがゾロゾロと出てくるので「うわ~何!?(◎_◎;)気持ち悪いな」と言っていた。
あまりに増えすぎたので一度フリーマーケットでついでにエビを売ったことがあってバケツに入れていると珍しいのか結構子供とか多くの人が見にきていた(*^◯^*)
そして4人ぐらいの人に売れた。

それからタブレットを入れなくなると自然にエビの数は減って行き、あんなに居たエビは今は一匹もいなくなった(-。-水槽も地震が来たら危ないので60cmの水槽は人に譲り、今は45cmの水槽のみ部屋に置いている(^_^)
IMG_20120414162444.jpg

水槽再び

昨日の続き…

そんな事があったので二度と熱帯魚は飼わないと思っていたが、夫と付き合ってる時に趣味で熱帯魚を飼っていたので「60cmの水槽が実家にあまってるからやってみいひん?」と言われた。

私は「多分出来ないから…(-。-;(大量に殺したし)」と断っていたつもりだったが、どうゆう流れか忘れたが、夫の実家からわざわざ水槽を持って来てくれ、水槽セット一式が私に授けられた^^;
私は立派な大きな水槽と本格的な浄水装置、ライトなどと共にとりあえず家に持ち帰った。(ほんまに出来んのかな(⌒-⌒; ))

お父さんはその水槽を早速見つけると「おっ!水槽やるんか!さすがわしの子やな~(^з^)」と私を褒め称えた。
言われた私は(いやいや、ただ水槽を貰ったからやるだけなんやけどな~(^◇^;))と思っていた。
私は「あんまり分からんから手伝ってもらっていい?」と言うとお父さんは嬉しそうにしていた。

そして一週間後、水槽の用意に取り掛かった。
中に入れる流木と石を川原に行って良さそうな物を拾ってきて洗っておいた。
それからコーナンで下に敷き詰める土と水草を植えるのに何種類か買ってきた。
水槽のイメージを膨らませ図案を描いて作業を進めた。

土を敷き詰めて石と流木をセットして、ピンセットで水草をちまちまと土に刺して行った。
地味な作業だがよく水草が抜けて時間がかなりかかった(; ̄O ̄)
水を入れてる時に、お父さんが途中現れ「高い所から水を落とすと早く入るぞ(^o^)」とアドバイスしてくれた。

そして夕方からはじめて水槽が出来上がったら10時頃になっていたf^_^;)
立ちっぱなしの作業でけっこうな疲労感だった。

IMG_0002_20120413125635.jpg





熱帯魚

子供の頃にお父さんの趣味で何年間か家の玄関に水槽があった。
ネオンテトラとかコリドラスとか透き通った骨が見える魚(妹とホネホネロックと呼んでいた( ´θ`))などけっこう種類をたくさん揃えていた。

週末になるとお父さんは水槽をまるごと外に出してガラスを綺麗に洗っていた。
お父さんは水槽を綺麗に見せたいので水換えを毎回一気にしていたので(本当は3分の1程度)たくさんの熱帯魚がお亡くなりになったらしい。
お父さんは「昔かってたけどよう死なしたわ~(~_~;)」と言っていた。

私は高校の時に急に思いついて近所のペットショップに行き熱帯魚を6匹ぐらい買いに行った。
自分の部屋に持って上がり100均の虫かごに水を入れて、そのまま魚を入れた。
(きれいやな~( ´▽`))と眺めていた。
本当はエアレーションと言う物を入れないといけないらしく(酸素を水槽の中に入れる装置)
30分ぐらいしてから魚の様子がおかしくなり1匹が水槽の外にパーンと飛び出した!(◎_◎;)
びっくりして、意味がわからないまま落ちた魚を水槽に戻そうとすると次々に魚がパーンと飛び出してきた。
真夏で部屋が暑いからか?と思って冷凍庫から氷を持ってきて水槽にいれたけど、やっぱり魚は飛び出してきた(-。-;
あまりにも勢いよく飛び出すので怖くなった。
それから拾っては入れるの作業をしていたが次々と魚は死んでいった( T_T)
あっという間に全滅してしまい、酸素が無くて死んだという理由はその時は分からないまま「二度と魚は飼わないでおこう(。-_-。)」と心に強く思っていた。

IMG_0002_20120412142710.jpg

茶色い奴ら

世の中で一番嫌いな生き物はゴキブリだ(−_−;)
その字を見るだけでもおぞましい…
子供の時は案外平気で大人になるに連れて段々嫌いになってきた。

結婚してから以前働いてたパン屋を辞めて、ハローワークに行き失業保険を貰う間、ヘルパー2級を職業訓練でとったので妊娠9ヶ月まで訪問ヘルパーとして働いていた。
仕事としてはお年寄りの家に直接車で向かい、一人当たり1時間か1時間30分の間に食事を作ったり、家の掃除などが多かった。
仕事自体は慣れればお年寄りの人とも色々しゃべり、けっこう楽しくさせてもらっていた(^O^)

ただ家の中はやっぱり掃除とかが行き届いていないのかゴキブリに遭遇する事が多々あったf^_^;)

ある日、味噌汁を作ろうと思って台所に入り、玉ねぎを切ろうと持った時に、利用者さんに話しかけられたので後ろを向いて返事をしてまた振り返った時に持っている玉ねぎの上にゴキブリが乗っていた!(◎_◎;)ヒィーーー!!!
「うわー!!(T ^ T)」と言って玉ねぎを落とすとゴキブリは飛んでいった。

そしてまたある日、別の利用者さんの家で掃除をしている時に(そこのお家はゴキブリ率No.1だと思う…)段ボールや紙の箱がいっぱいあったので処分しようと箱を潰して整理していた。
ある薬の箱を潰そうと思って見てみると(中に銀の袋があるなー)と思いその袋を引っ張り出した瞬間、十数匹のゴキブリがいっせいに飛び出してきたΣ( ´θ`)ノ(ギャーー!!!)
それを見た利用者さんは「あー!!f^_^;)そこにあるスプレーで殺して!!」と言ったのでそこにあったゴキジェットを手に取り噴射したがほとんどが逃げていなくなっていた(−_−;)

驚きの連続、いつもゴキブリは音もなく忍び寄ってくる(-。-;
そして、世の中にゴキブリがいなくなることを強く願っている。
IMG_0002_20120411093709.jpg

我が家の鉢植え

今のマンションには鉢植えが何個か置いてある。
元々面倒くさがりで、いつも水をあげ忘れるので気づいたら土がカラカラに乾いていたりするので植物を育てるのは向いてないと思っている。

ベランダには、すだちの木とアロエ、デンドロビュームと言う花が鉢植えに植わっている。
(最近は郵便局で貰ったチューリップと使用後のネギの根っこを植えた)
アロエは最近の春一番で突風に飛ばされ下に落ちていた^^;
デンドロビュームも水不足で茶色に変色していて危うい状態になっていた。

すだちの木は確か2年ぐらい前にコーナンで買った。
昨日、見てみるとすだちの葉っぱが食いむしられているので恒例の青虫が来ているんやな(; ̄ェ ̄)と思った。
最初の頃は、青虫を見つけた時にけっこう可愛い顔をしてたのでカメラで写真を撮ってたりしたが、葉っぱに黒いウンチを大量に乗せてるし、葉っぱをほとんど食いちぎってしまうので暫くすると見つけ次第ティッシュでつまんで柵の向こうに投げていた^^;つまむと青虫は独特の変な匂いを出していた。クサッ!(◎_◎;)
1階に住んでいるので投げても投げてもすだちの木に青虫はしぶとく戻ってくるらしく常に葉っぱが食いむしられていた。

ある時夫がハサミを持って行きしばらくしてからベランダから帰ってきたので「何してたん?」と聞くとどうやら青虫をハサミで抹殺してたらしいΣ(・□・;)青虫大虐殺…

その作業も虚しく、去年のスダチは2個ぐらいしか収穫できなかったf^_^;)確かサンマにかけたような…
そして今年も懲りずに奴らがやってくるんやろな~と思っている。
はたして今年は何個収穫できるかな…

IMG_0001_20120411093710.jpg

栄養相談

今日は月に一回ある栄養相談に行って来た。はなちゃんは今7ヶ月なので7回目だ。

上に2歳の女の子と下は9ヶ月の男の子のママと毎回一緒に行っている(^◇^)
今日は「こ~たり~な」と言う農産物の所で苺が100円だったけど全部売り切れていた(^^;;残念
そしてお昼は友達の家でご馳走になった( ´ ▽ ` )ノありがとう

ご飯を食べ終わり、車に乗り20分ぐらいで〝ドラッグイレブン〟に着いた。
栄養相談は明治乳業の人がお店に来て、赤ちゃんの栄養状態を調べたり質問に答えてくれるのを無料でしてくれる。
その流れは
①体重と身長を図る
②母乳やミルクの状態(銘柄は何を使っているか、ミルクの回数とか量はどれぐらいあげてるかなど)
③離乳食の進め方
④あれば質問
⑤赤ちゃんの写真を撮ってくれる。(12ヶ月になると一冊のアルバムにしてもらえる)
⑥くじ引き(景品)
それを、大体20分ぐらいでやってくれる。

はなちゃんは4ヶ月間森永のミルクを飲んでいた。
明治乳業の担当の人はけっこう親身に聞いてくれていたけど、4ヶ月間毎回行く度に「森永のミルクを買ってます」と言っていた。
5ヶ月目になって森永のミルクからさらに安い「和光堂」に変えた。

5ヶ月目の栄養相談の時、さすがに「森永から和光堂に変えました」と明治乳業の担当の人に言うのが心苦しくなり
「明治を使っています(^^;;」とつい嘘をついてしまった。
それを聞いた瞬間、担当の人は顔を輝かせて「何故変えたんですか?」と聞いてきた。
はっ!(◎_◎;)「…あ~いつも栄養相談で貰ってるので」(うわ~(汗))
「有難うございます(^▽^)」と担当の人は言ってくれたので申し訳なくなった。
(担当の人)「粉の感じは森永のミルクと比べてどうですか?」
(どうしよう知らんし!…(; ̄O ̄))「…さらさらになったかな?」
(担当の人)「森永に比べるとしっとりしてると思いますけど…」(そうやったんや!(^◇^;)間違えた!)
焦った私は前に試供品を飲み比べたのを思い出し「味は明治の方が甘くて美味しかったです…」と言った。
担当の人は「あ~飲み比べたら違いはよく分かりますね(*゚▽゚*)」と納得していた。
嘘に嘘を重ね終わった時はガックリと疲れていた。

次の栄養相談では
「明治のミルクを使ってくださってるんですよね(^◇^)」
「はい…(^^;;」(はぁ~~(汗))
(担当の人)「いまミルクの缶のシールを集めると景品が当たるんですけど集めてますか?」
はっっ!(◎_◎;)(新たな情報…全然知らんし!)「…いえ集めてないです(⌒-⌒; )」
「良かったら可愛いグッズが当たるので集めて送ってくださいね(^◇^)」とパンフレットを渡された。
「はい(~_~;)」(本当すいません)

今回の栄養相談では
(担当の人)「ミルクはキューブと粉どちらを使ってますか?」
(早く答えな…(-。-;))「両方です(汗)」(また嘘ついてもうた…)
(担当の人)「キューブの方だけまた景品が当たるキャンペーンをやってますのでまたどうぞ」とパンフレットを渡された。
反応が悪いので薄々怪しまれてるような気がしてならず、自分がついた嘘によって後5回(5ヶ月)同じやり取りをすると思うと本当に嘘はついてはいけないな~と再認識する出来事だった。
IMG_20120410080940.jpg









山中渓の桜

IMGP5678_convert_20120408212409.jpg
今日は天気が良いので花見に行って来た(^_^)

ベビーカーにはなちゃんを乗せて駅まで20~30分ぐらい歩き出した。
紫外線が気になるので日焼けどめクリームを塗り、さらに帽子とサングラスを着け黒のスカーフを顔に巻き付けるとかなり怪しい感じになった(^^;;

駅から2駅乗った山中渓駅に到着した。今日は丁度「山中渓桜祭り」の日だった。
電車を降りるとすぐに桜並木が見えた。(満開で綺麗やな~(*゚▽゚*))
電車と桜の写真を撮ろうとホームの先端に人集りが出来ていた。
(今流行りの撮り鉄の人達か…)そこに近寄っていき、その人達に紛れて何枚か桜の写真を撮っていると車掌さんに「黄色い線まで下がってください(`_´)」と怒られた。

駅から出て桜並木を少し歩くと〝わんぱく王国〟と言う公園があって、中にアスレチックがあり、今日は屋台など色々並んでいた。
イベントも行われてるようだった。
広場にはいっぱい花見の人達がご飯などを食べていた。

適当なところを見つけ簡易のテントに敷物を敷いてお弁当を食べた。
それから柿の種やかっぱえびせんなどをつまみに酒盛りをした(^◇^)
はなちゃんはシートの上をゴロゴロと転がっていた。

そして、たこ焼きが食べたくなり屋台に買いに行った。
屋台に着くと4人ぐらい並んでいた。
しばらく待ってようやくたこ焼きが焼けてきた。その間に後ろにもずらりと行列が出来ていた。
おっちゃんがたこ焼きを焼き、おばちゃんがたこ焼きをパックに詰めていた。
おばちゃんがたこ焼きを詰めている時に、食べ終わったパックを持って来たお客さんが「このパック捨てる所はないの?」と聞くと、作業中だからか分からないけど面倒くさそうに「うちで捨てるわ(`_´)」と言い「ちょっと待ってな」と暫く待たせていた。(すぐ取ってあげたらいいのに( ̄ー ̄))と思っていた。
そして自分の番がやって来て、気の強そうな店のおばちゃんからたこ焼きを買った。
(いまどきマヨネーズが乗ってない…)
少し怒りながらテントの所に戻り、さっきあった事を夫に話しながら、たこ焼きを爪楊枝で取ろうとしたら、たこ焼きが滑り落ちた。
運悪く今日初めて着た白いシャツの袖にたこ焼きが乗っかりソースがべったりとくっついた!(◎_◎;)フギャッ!!
(たこ焼きめ~( *`ω´) !!フー(怒))

そして夕方になったので帰る事にした。
帰りの駅もやっぱり写真を撮る人で一杯だった(^_^)

電車に乗り込みまたゴロゴロとベビーカーを転がし家に帰った。
色々あったけど、今年は満開の桜が見れて良かったなと思った( ´ ▽ ` )
IMG_0002_20120409183111.jpg

生まれたてのはなちゃん

8月25日の午後5時頃はなちゃんが帝王切開で出た後、手術室から病室までベッドで移動した。
麻酔の関係上、頭を動かしてはいけないと言われたので頭を動かさずベットで寝ていると、看護婦さんがはなちゃんの写真を持ってきてくれた。

台紙に貼られたはなちゃんの写真を見ると、両腕が上がり、目はむくんで一筋ラインが入っていた。お腹の所に出生の札が置いてあった。
なんか試合を終えたボクサーがチャンピオンベルトを巻いて表彰されてる様な写真やな~と思った(⌒-⌒; )(女の子やけど…)
その写真を何度も何度も見返して(逞しく強そうな子が生まれてきたわ~( ̄ー ̄)なんか逆に守ってくれそう…)
と、とても嬉しかったのを思い出す。

だいぶしてから、夫の友達が家に遊びに来た時に「生まれたての赤ちゃんはガッツ(石松)系か鶴瓶系に分かれるよな~( ´θ`)」と言っていたので、なるほどと思い、私は(そのニ択やと、はなちゃんはガッツ系やな)と心の中で思っていた。

ちなみに、今のはなちゃんの顔は夫とよく似ている(^_^)(特に鼻の下の溝)
たまに男の子に間違えられるが自分的にはだんだん女の子らしくなって来たな~(^O^)と思っている。

IMG_0001_20120409183120.jpg

深い溝

昔に夫と一度限界に挑戦してみよう( ̄^ ̄)と言う話になった。
そして
①今のマンションから5kmほど離れている体育館まで走る。
②体育館のプールで1km泳ぐ。
③また5km走って家に帰ってくる。
無謀とも言える計画を打ち出した(^_^;)

そしてその日の3時頃家を出発した。行きは順調に走り体育館に着いた。
プールに着き、クロールで1kmほど泳いだ。疲労がけっこうやってきた(-。-;
体育館を出ると雨が降っていた(◎_◎;)傘持ってないし…
雨宿りも兼ねて夜ご飯を食べた後、お店を出た。

夫は先にお店から出て「行くで~」と言って雨が降ってて視界が悪かったのか帰り道ではない方向に走り出した。
(あれっ?どこに行くんやろう…(-。-;)と思いながら見ていると、夫の目の前に深い溝穴が見えたので
「危ない!」と言おうとしたが声が一つも出なかった( ̄◇ ̄;)
夫はそのまま走り、溝に落ちる直前で気付いたようで少し止まったが時すでに遅く、スローモーションで溝に落ちていった。
夫の身長より深い溝(1.8mぐらい?)だったので姿が見えなくなった。私は慌てて溝まで走り寄り、中を覗き込んだ。
夫は何とか水溜りと水溜りの間の10数㎝のブロックの上に奇跡的に乗っていたf^_^;)
溝に落ちたのが恥ずかしかったらしいが夫は何事もなかったかのように、どうやったのか分からないが一瞬で溝から脱出していた。
私は「すごいな!(゚o゚;;でも大丈夫?」と聞いたが特に怪我もしていないようだったので、また走って帰ることにした
5km走り1km泳いだので相当疲れていた筈だったけど予想外の出来事に疲れもふっとんだ。
そして夫が溝に落ちた所を思い出し、笑いを噛み殺しながら5km走り無事に家に到着した(=´∀`)

妹の飲み会

一度だけ妹がお酒に酔って帰ってきた事がある。
その日は妹の会社の行事の飲み会があった。

夜に家の前に車が止まり、妹は会社の人2人(確か上司とパートのおばちゃん)に両肩を持たれて家の中に運ばれて帰ってきた。
何事かと私とその他の家族は玄関に集まってきた。
妹はお酒に酔ってべろべろになっていた。そして、楽しそうに「すみません( ´▽`)」「すみません( ´▽`)」と何度も言っていた。お父さんは初めて酔って帰って来た妹を見て「真理子が酔ってる(^◇^)」と嬉しそうに笑っていた。

会社の人達が帰ったあと、妹は玄関に座り込んだので私が背中におぶって、二階の部屋に連れて行こうとした。
妹に近づいた瞬間(酒クサッ!(◎_◎;))妹の周りを完全に酒の匂いがまとっていた。
そして何故か髪も濡れていた。

脇に手を入れて起こそうとすると妹は全く体の力が入らないようで、ここまで柔らかくなるかとびっくりするぐらいグニャグニャになっていて重たくて持ち上げれなかった^^;
どうしようも無いので横で見ていた兄ちゃんにおんぶを頼み何とか二人で妹を兄ちゃんの背中に乗せた。
背中におんぶし、にいちゃんもさすがにぐにゃぐにゃで重たかったのか「重たいわ~(~_~;)」と言って二階の部屋に上がって行った。

翌日妹に話を聞くと、飲み会の時に中国人の張さん(とてもお酒が強いらしい)とお酒を一緒に飲んでいたらしく
「かんぱ~い(^-^)」と言って一気に酒を飲み干すのを数えられないほど何杯もやっていて酔っ払らったとの事だった
髪が濡れてたのは、酔っ払っていたので部長に頭から水を掛けられたと言っていた。
妹はそれに「何するんや~(`_´)」と心の中で怒っていたらしい。

それ以来妹は、二度と酒に酔って帰ることは無くなった。
楽しそうな酔っ払いやったな~(^◇^)と今でもおもしろくその姿を思い出す。


IMG_0001_20120406100154.jpg

盲腸の手術

たしか小学3年の運動会の日にお腹が痛くなって保健室に行った。
その時は運動会のリレーに出ないで良くなったのでラッキーと思っていた^^;そして途中で早退して家に帰った。

その夜は熱が出たらしいが次の日まで病院に行くのを待って寝た。
翌朝、お母さんに連れられて市民病院に行って診察を受けると盲腸だった。
お母さんが私に「盲腸やって」と言ったので私は何かよく分からない病気だったので「死ぬの(・□・;)?」と聞いたような記憶がある。
お母さんは「大丈夫やで手術したら治るから(^▽^)」と言っていた。
実はあと一日ほっといたら手遅れだったそうなので緊急に手術となった。
お母さんが着替えなど荷物を家に取りに行ってる間に手術室に運ばれ手術は始まった。
無事に手術は終わり麻酔から覚めると、足に点滴をされていた。

点滴をしてる時に気持ち悪くなり口から点滴を吐き出すと、お母さんは血を吐いたと(たしか薄茶色っぽい色だった)勘違いしてパニックになってお父さんに「恵理子が血を吐いた!!(ToT)」と電話したそうだが点滴と分かり気を取り直したそうだ( ̄◇ ̄;)
1~2週間ほど入院する間、色々お見舞いに人が来てくれた。その中でもお父さんの会社の社長の奥さんにお見舞い品として、ずっと欲しかったジェニーちゃんを貰う事ができ、心の中で「やったーー!!!(≧∇≦)」と喜んでいた。

ただ長い間学校を休んでいたので算数の計算についていけず、ずっとテストでほぼ零点だったので横に座ってる男子に馬鹿にされてたのが悲しかった思い出がある(T . T)
IMG_0002_20120406100153.jpg

美川憲一のファッション

だいぶ前にテレビを付けたら、ドン小西のファッションチェックをやってたので、ぼんやり見ていたら
「スタイルをよく見せようと思ったら3首見せてください」と言っていた。3首とは首、手首、足首の事らしい。
そうなんや~( ̄◇ ̄;)と、とりあえず頭にいれていた。

先週の土曜日にテレビを付けたら美川憲一とはるな愛の旅番組をやっていた。
タイトルがとにかく食べまくる旅のようで色んな店を周り最後に勝浦の旅館のバイキングを食べていた。
美川憲一がチョコレートファウンテンを見て、初めて食べるらしく「私初めてよ~」と言いながらマシュマロにチョコレートを着けて食べていた。よっぽど美味しかったのか中々そこを離れようとはしなかった。

それから、おばちゃんやおっちゃんが宴会してる所に2人はやって来た。
おばちゃんが「けんちゃん、歌うたって~(^◇^)」と言うと、美川憲一は舞台から帰りだし「歌わないわよ(`_´)」と言いその後すぐに「私あまのじゃくなのよ( ´θ`)」と言って舞台に帰ってきた。(あまのじゃくって…)
イントロが流れ始め〝蠍座の女〟を歌い出した。
その時に美川憲一の全身を見たら3首出てるファッションをしていたので(あ~美川憲一も取り入れてるんやな)と心の中で思っていた。

お母さんの出産

お母さんの出産の話
お母さんは4人子供を産んでいるが毎回難産だったそうで、一番最初の兄ちゃんを妊娠した時に食べて寝るだけで全く運動をしてなかったので子供が育ちすぎて4000gを超えていた。出産する時に生死をさまよった様で
お医者さんから「母親か子供かどちらか選んで下さい」と言われていたそうだ。
おばあちゃんはその場にいたけどショックを受けて様子がおかしくなったとお母さんは言っていた。
耳が聞こえないので余計に不安でパニックを起こしたんだろうと思う。
二番目の兄ちゃんの時も4000g超えていたので大変だったらしい。
その後、お医者さんからは「もう子供を作らないでください」と言われていたそうだが、それでもお母さんは女の子が欲しかったので女の子ができるように赤い服をよく着ていたそうだ。
双子の私達を身ごもったときに当時は超音波などなかったので双子とは分からずお腹は今までよりもさらに、どんどん大きくなっていったので太り過ぎと怒られていたそうだ。
不思議な話で、妊娠中に卵を1パック買うと10個とも全部双子の時があったらしい(^-^)
出産の時に私が最初に生まれた。すると、お医者さんが「もう一人いてるわ!(◎_◎;)」と言って3分後に妹が出てきた。お母さんはそれを聞いてビックリしたが、もうしんどすぎてとにかく出てきてと願っていたそうだ。
お母さんは念願の女の子だったけど「大変すぎて喜ぶ暇が無かった^^;」と言っていた。
IMG_0019.jpg


謎の痒み

本厄の年にはなちゃんを出産した。

因果関係があるのか分からないけど、産後に色々と体のトラブルがあった。
お腹は切っていたので痛みがあり。あといきんだ時に肋骨にヒビが入ったのかしばらくの間、笑う度に激痛があったので痛み止めが手放せなかった(; ̄ェ ̄)(市民病院はあまり効く薬をくれないので飲んでも痛みがけっこうあった^^;)

1、2ヶ月過ぎてから全身、謎のかゆみに襲われていた( ̄◇ ̄;)
はじめは産後体型を戻すのに〝ニッパー〟(腹巻みたいな物)をずっとつけていたので汗をかいて蒸れたのが悪かったのかお腹周りが痒くなり出した。痒いので気付けばボリボリと無心にかいていた(⌒-⌒; )
お風呂に入るとかいた所がジワーッとなり入ってる間だけは気持ちよかった( ̄▽ ̄)
どちらも痒みを悪化させる要因だったらしく、どんどん痒みは体全身に広がっていった。
背中は届かないのでさしで背中をかいていた(ーー;)さしの角で擦り付けたり…
お風呂上がりや寝起きは体が温まるので無性に体が痒くなり「この痒みから誰か助けてーー( T_T)!!」と発狂しそうだった(ーー;)
お風呂上りに氷枕で体を冷やしたり、ニベアを塗ったりしたが冷やしたり、塗った時だけマシになりすぐに痒みはぶり返して来た。
かきすぎて顔以外の全身の肌はミミズ腫れのようになっていた(◎_◎;)
何日かニベアでしのいでいたけど、とうとう我慢できなくなり皮膚科に駆け込んだ。
先生に原因を聞いたけどはっきりは分からないようだったが(乾燥と言われたような)
取り敢えず薬を貰い塗り続けた。
妹に痒みの事で電話すると「体を洗う時に汚れてる所だけ手で洗うようにして、あんまり長くお風呂に入らん様にしたら」とアドバイスしてくれたので、それからは手で洗うようにしている。(前までゴシゴシタオルで洗っていた)
続けているうちに1ヶ月ぐらいで痒みは無くなってきて、お陰で肌の調子も元に戻った。
今ではすっかり痒みはなくなり悪夢の様な日々から抜け出すことができた(⌒-⌒; )
IMG_0004_20120403123558.jpg
 はなちゃん一家 

はなちゃん 平成23年8月25日生まれのA型の乙女座 大阪の泉南市に長女として生まれる。

はなちゃん母

Author:はなちゃん母
昭和54年生まれのO型。
両親は徳島県出身で大阪の八尾に生まれる。
兄妹は四人で兄が二人、妹とは双子で生まれる。
双子座で好物はうなぎ。苦手な食べ物はお餅


夫は昭和51年生まれのA型
両親は高知と徳島で大阪の泉大津で生まれる。
兄弟は男三人の長男
魚座で好物はギョウザ
苦手な食べ物は漬け物

今のところはなちゃんはあまり登場していない(-。-;

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 はなちゃん日記 

アクセス人数

現在の閲覧者数:

良かったら見てください

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 華夏ちゃん日記